トロフィーをもらう時、トロフィーを渡す時…それぞれの思いとは?

トロフィーは努力を証明するもの

一等賞になった者や勝利を掴んだ者だけが授かることの出来るトロフィーですが、トロフィーをもらう時の心境とは一体どんなものなのでしょう。トロフィーは誰でももらえるものではありません。もらえない人の方が断然多いはずです。トロフィーをもらうことはとても難しいことだと言えます。限られた人だけが手にすることの出来るトロフィーには努力というものが欠かせません。トロフィーをもらう時の気持ちは努力して勝ち取った感動だと言えるでしょう。

気持ちを込めてトロフィーを渡そう!

トロフィーをもらったことは素晴らしい思い出になるはずです。トロフィーを授与する側の者も同じく良い思い出です。捧げる時にはこころからおめでとうという気持ちで渡すでしょうし、感動をもらえたことにも感謝することが出来るでしょう。トロフィーを渡す瞬間はトロフィーをもらう瞬間であり、贈る者と渡される者がトロフィーによって繋がる瞬間でもあります。トロフィーを贈る時は気持ちを込めて相手を称えながら渡すと良いでしょう。

購入する時に注意すること

大会で新記録が出た時やビッグイベントでの入賞などではトロフィーが用意されます。スポーツならその競技に合わせた格好のいいトロフィーが似合います。音楽などの芸術部門でもグランプリを獲得すればやはりトロフィーが渡されます。こうして考えてみるとトロフィーというものはいろいろな場所で渡されているものだと言えるでしょう。子供たちが参加するイベントでのトロフィーなら子供が持てる程度の重さで考え、大きな試合なら重量感のあるトロフィーがぴったりです。トロフィーを購入する時は開催の規模や参加する年齢層なども踏まえて選ぶことが大切です。

トロフィーとは、色々な大会で優勝したり上位のランクにラインクインすると3位の人から送られる小さな雑貨のようなもので下に大会名と優勝した人の名前が書かれています。