気を付けないと損をする?インターネットでの誹謗中傷問題!

ネットでの中傷事件は増加中!

ネットでの誹謗中傷の事件、皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?近年のインターネットの爆発的な普及により、この問題は大きくなりつつあります。特に、若者を中心とした多くに人がSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を利用するようになってからは、この問題はより見過ごせないものとなっています。多くの場合、中傷めいた言葉は匿名で掲載されているため、投稿者本人は全く実害がないのです。このような問題の被害は年々増加していっています。自分がこのようなトラブルに巻き込まれたとき、どのように対処するべきなのかを事前に考えておく必要があるでしょう。

匿名の投稿も特定可能!?

多くの誹謗中傷が匿名でなされてしまうとなると、もはや対策の使用がないように思えますよね?ところが実は、インターネットを通じて匿名でなされた投稿に関しても、場合によってはその投稿者を特定することが可能である場合があります。例えば、SNSであればアカウント情報から、利用者を特定することが可能であったり、あるいは使用した機器からの特定が可能である場合もあります。もちろんこのような行動を個人でしてしまうことは法令に違反する場合もあるので、基本的に警察などの専門機関に任せることにはなりますが、それでも犯人が見つからないよりはずっとましですよね?

自分が加害者になってしまうことも?

自分の何気ない一言が相手を傷つけたり、気分を害してしまう。そのような経験を皆さんも一度はしているのではないでしょうか?もちろんそれがすぐに何らかの事件に発展するということは少ないと思います。しかしそれは対面のコミュニケーションだからこそであって、インターネット上の文字だけのお付き合いではそうはいかないかもしれませんよ?名前も顔も知らない誰かが皆さんの投稿を見て、気分を害されることも十分考えられるのです。このようなトラブルに巻き込まれないためにも、インターネット上での発言には細心の注意をはらうことが必要なのかもしれませんね。

逆SEOとは、誹謗中傷等の悪口サイトの検索順位を下げるために行う手法で、一般的にはポジティブなWEBサイトを複数つくることにより、それらを検索上位に上げることで悪口サイトの検索順位を引き下げます。