身近に潜むプライバシー侵害から身を守るために

日常における情報漏洩

人間の生活において知られたくない情報や日常の情報などのプライバシーに関する事は、誰にでも少なからずあるでしょう。名前、住所、電話番号などはもとより個人に関わる重大な情報が漏れれば、それを利用した様々な不利益な状況を生み出す可能性もあり得ます。情報を開示する前に、相手の信頼度を確認してから行動するようにすると良いかもしれません。例えば、国の調査などと言って情報を引き出そうとする方には十分に注意した方が良いです。

インターネット利用における情報漏洩

インターネットの普及により様々な便利な事が可能になり、人間の生活は快適になってきています。しかし便利なものだからこその注意も必要であり、プライバシー侵害の危険性もあると言えます。インターネット上で個人情報を求められた場合には、そのサイトなどの信頼性を十分に確認してから行動した方が良いと言え、個人が特定できるような書き込みなどをインターネット上で行わない事も大切です。ソーシャルネットワークサービス利用においても、油断しないようにしましょう。

日頃から漏れたらいけない情報の管理を徹底する

個人情報の取り扱いは便利になる程気をつける必要があり、パスワード設定などにおいても憶測できるものなどは控える必要があるかもしれません。常に疑う事を心がけていれば、行動前に確認するようになりプライバシーを漏洩する危険性も低減するでしょう。また、インターネットなどを使用するパソコンなどにおいても必要最低限のセキュリティ対策を行う事も検討して、様々な営業マンなどや知人であっても気軽に情報を漏らさないように心がけると良いです。

家庭で使えるシュレッダーはコンパクトで使いやすくなっています。また、CDやプラスチック製カードを細断できるものもあり、個人情報対策としても人気となっています。